2015年11月

NATOとは…わかりやすい!基本情報~NATO加盟国、日本との関係

【NATOとは】

北大西洋条約機構のことです。

そもそも、機構とは何か?

官庁・会社・団体等の組織を言います。

「組織」と覚えておけば間違いないです。


NATOとは、どういう組織か?

第2次世界大戦後の東西対立を背景に、西欧と北米の集団防衛のため1949年に発足されました。

加盟国は当初12カ国でした。

が、
52年のトルコとギリシャの加盟以降、順次拡大して大きくなりました。

現在の加盟国は28カ国です。

東西冷戦終結後は、加盟国以外の周辺国を含めた治安維持にも力を入れています。

アフガニスタン、コソボ(旧ユーゴスラビア)に治安部隊を派遣しています。

その他にも、ソマリア沖の海賊対策にも部隊を派遣しています。

特別な難しい法律が関係しているわけではありません。

「みんなで団結!正義のヒーロー」というイメージで適切だと思います。


【NATO加盟国】

参考資料 外務省のホームページ


アイスランド,アメリカ合衆国,イタリア,英国,オランダ,カナダ,デンマーク,ノルウェー,フランス,ベルギー,ポルトガル,ルクセンブルク(以上原加盟国),

ギリシャ,トルコ(以上1952年2月),

ドイツ(1955年5月当時「西ドイツ」),

スペイン(1982年5月),

チェコ,ハンガリー,ポーランド(以上1999年3月),

エストニア,スロバキア,スロベニア,ブルガリア,ラトビア,リトアニア,ルーマニア(以上2004年3月),

アルバニア,クロアチア(以上2009年4月)

(全28か国)


【日本とNATOの関係は、どうなってるのか?】

日本とNATOは基本的価値とグローバルな安全保障上の課題に対する責任を共有するパートナーです。

今後も,互いに関心を有する分野及び地域において,安全保障環境の改善に貢献していくことが期待されています。

わかりやすく意訳すると、何か起きた時に、必要に応じて互いに協力しあうように、決められています。

中国が建設の南シナ海 人工島…わかりやすい「基本情報」サラート永山

【人工島とは】

海洋や湾、湖などの、一部分を埋め立てたり軽量のコンクリートなどの浮体物で建設された島を言います。

土台は、すべて人工のもので出来てます。


最初に頭に入れて頂きたい!

【中国が建設の南シナ海人工島
     大きな特徴】

●面積は、

7万5000平方メートルです。

サッカー場約14面に相当します。

●南シナ海は、世界で一番船舶の航行
(船で動くこと)が多い海域の一つです。

●中国は、領有権を守るための野心がすごいんです!

ボクは、これだけの野心を持てたらいいな…と、ある意味うらやましいです。

野心って大事ですものね…

が、
ちょっと待ったぁぁー!!

危ない野心だったのです!

。。涙。。。


【建設のはじまり】

明確なハッキリとした報道があったのは、2014年で、中国は、この頃を通じて土地の埋め立てをおし進めています。

その勢いは、加速中です。

建設初期は、実態が明らかにされてませんでした。

秘密基地だったのです。

秘密基地と言うと、なんだか戦争映画みたいで、かっこよく見えますね。

報道は中国の拡張の規模をまだ明らかにしていなかったのです。

中国の実態と、報道のあり方の大小をあらわす方程式で示すと

中国の南シナ海建設 〉報道

になります。

世界地図の衛星写真「グーグル・アース」などによる説明を書きます。

特徴や重要事項です。

4つのリーフというのがありますが、それらすべての工事が習近平氏が権力を掌握した2012年以降に始まったことを示している、とのことです。

その工事が始まった西暦の覚え方ですが、

2012なので、

20歳(はたち)のお祝いにワンツー!
(2012)

と覚えると忘れにくいです!

このうち2つの建設工事は過去1年間に始まっています。

多少のずれはあるかもしれませんが、

基本的な報道は、2012なので

20歳(はたち)のお祝いにワンツー!
(2012)

と覚えていれば、工事開始のおおよその時期に関しては、あってると思われます。

中国は、近隣諸国の抗議があるにもかかわらず、工事しています。


【アメリカは今まで反対しなかったか?
       について】

反対してました。

アメリカの当局者たちは、中国に工事を中止してくれ!と何回も何回も要請しています。

が、無駄だった、と言っています。


【構造物について】

●ヒューズ・リーフ(東門礁)では
2つの埠頭(ふとう)とセメント工場
、ヘリコプター発着場があります。

●ヒューズ・リーフは低潮時だけ海面から露出します。

●他の2つのジョンソン・サウス・リーフ(赤爪礁)とガベン・リーフ(南薫礁)で似たような人工島を作っています。

中国は、この場所では領有権を主張しています。

が、
周りの国々も自分たちの領域だぞ!と主張しています。

●ファイアリー・クロス・リーフ
(永暑礁)で中国の建設作業がグンと拡大していました。

●最終的には飛行機の滑走路も整備されると見られています。


【中国の狙いとは】

南シナ海の大半を支配すること。

その上の空域も支配する予定のようです。

地球規模以上の宇宙規模ですね…

宇宙人とも友達になるつもりでしょうか?

ボクも宇宙人と友達になりたいです。


【アメリカの思い】

アメリカは、中国が埋め立て工事を中止してくれる!と、期待していると語ったこともありました。

中国は、次のように約束やぶりのところもあったのです。

中国はASEANとの間で、

南シナ海における挑発行動を避けると
誓約する、という取り決めに署名しました。

えっ、すごい約束やぶりですね…

色々と、口出しされるのがめんどくさいから、形だけ約束したのでしょうか…

ボクもそうやって生きていこうかな…


【中国の主張について】

中国には建設工事が行われている水域に主権があり、工事はそこで働く作業員の生活を改善するためのものだと、コメントしています。

代表的な4つのリーフは、すべて南沙諸島(スプラトリー諸島)の一部です。

「九段線(nine-dash line)」の中国側に位置しています。

中国は、この九段線によって、南シナ海のほとんど全域に歴史的な領有権があるのだ!と主張しています。

中国は、どこからどこまで…と区分けしてません。

南シナ海すべて!

と言っています。

中国の主張する領域は、マレーシア、ベトナム、ブルネイ、台湾、フィリピンが領有権だ!と主張している領域と同じ場所です。

重なっています。

ボクは、中国にとって敵を増やしているわけだから悪循環のように思います。

これらの国々は、領有権を主張する中国の動きに対応します。

そして、アメリカとの防衛協力を強化しています。

IMG_20151104_170255IMG_20151104_170324
ギャラリー
  • ボディスキャナーとは…わかりやすい解説&リアル画像!欠点も解明!
  • ボディスキャナーとは…わかりやすい解説&リアル画像!欠点も解明!
  • 諜報活動 わかりやすい解説…オシント、シギントetc. サラート永山
  • 中国が建設の南シナ海 人工島…わかりやすい「基本情報」サラート永山
  • 中国が建設の南シナ海 人工島…わかりやすい「基本情報」サラート永山