「外国為替取引」「為替レート」とは…超わかりやすい!解説~サラート永山…これから重要ワードになる人民元の理解を深めるためにも


【外国為替取引とは】


別名「通貨取引」です。

つねに、2つの通貨を同時に売買(交換)します。

異なる2つの通貨の一方は、買います。

もう片方を売ります。

そういう売買の取引のことです。

よく、物々交換という言葉があります。

この場合は、物と物の交換ではなく、
「金と金」の交換なので入門者の方は「金金交換」と覚えると忘れにくいと思います。

その金金交換の双方の「何が」「いくら」なのか?「なぜ?背景は?」が、
問題になってきます。

それさえ、ポイントをつかめば、あとは理解がスムーズになってきます。

この金金交換には、おもしろい特徴があります。

次のようなペアを組む形式があります。

ドル/円

ユーロ/円

ユーロ/ドル

など、通貨取引の金金交換をする時の通貨の組み合わせを「通貨ペア」と呼びます。

この「通貨ペア」の 左側に表示される通貨を「ベース通貨」と呼びます。

「左側がベース!ベースは左利きのサウスポー!」と覚えると忘れにくいです。

外国為替取引というのは、いつでも
双方の通貨の買いと売りの組み合わせです。

基本的には、ドル/円の買い取引を
「ドルを買って、円は売る」

ドル/円の売り取引を「ドルを売って、円を買う」取引です。


……………………………………


【為替レート(英語で、 Exchange Rate)とは】


外国為替の取引の時の交換比率のことです。

双方の何がいくらで、何がいくら、
という比率の発表でわかります。

為替相場、通貨レートなどと言われています。


【どこで決めるのか?】

市場です。


【発行はどこで?】

貨幣(通貨)は、各国の政府や中央銀行が発行しています。

それぞれの国の法律で、その数字になる裏付けが考えられています。

ちゃんと意味づけがされています。

でも、ちょっと困ったことがあります。

通貨は、その通貨の国外では通用されないのです。

簡単に使えません。

そのため、貿易とか、資本金を移動させるといった国境を越える場合の取引では、国の外でも通用する通貨に交換しないとなりません。

ややこしい場合は、次のように考えてみてください!

ゲームセンターで、お金ではなくコインで遊ぶ決まりがあるところがありますよね?

その時は、お金をコインに交換しますよね?

それと似ています。

その時に、自分の国と相手の国との通貨の交換比率を決めないとなりません。

それを決めるための考え方を為替レートと言います。

次のように覚えると忘れにくいです。

国境を超えて、経済を活発化するには「買わせ!冷凍食品」

冷凍食品王国じゃないと、通用しない話ですね…

皆様は最近、冷凍食品を食べましたか?

ボクは今日、バニラのアイスクリームを食べました。

「買わせ!冷凍食品」

「為替レート」と覚えてみてください!


━ボクが書いた関連サイト、関連記事のご案内━

普段は、次のサイト名で政治経済・軍事・テロ専門の裏側情報を書いています。
(コチラをクリックで、ページが開きます!)

サラート永山の政治経済・軍事・テロ専門◆裏側調査ルポ


今後は、動画・静止画やニュースサイトのリンク満載のキュレーションサイトとも、連携して利便性を向上していきます。

皆様が今お読みになってる このサイトは、上記のサイトに出てくる専門用語の辞典です。

ハイパーリンクを導入して利便性を高めたいと思います。

長い目で応援頂ければ幸いです。

宣戦布告…わかりやすい解説!宣戦布告なしの戦争 事例…サラート永山

宣戦布告
( Declaration of war)とは、

紛争当事者である国家が
相手国に対して戦争行為を
開始する意思を表明する宣言をいう。


【宣戦の意味】

紛争当事国に、
戦意(戦争する意思)があることを
公式に宣言することをいう。


【布告の意味】

広く一般に告げて知らせること。
告知と同じ意味。


宣戦布告を具体的に説明すると

相手国や中立国に対し、
戦争状態に入ることを告知すること。

開戦と同じ意味で
使われる言葉であることが多い。

一般的には、
戦争開始前の事前の警告ですよ!
という意味で
最後の段階の通達が交付される。

交渉が決裂し、
外交交渉が打ち切りとなった場合は
外交団が引き上げる。

国交の断絶、一般用語で
「無視」「シカト」する
ケースが多い。


【宣戦布告なしで
一般用語で無視、シカトしたまま、
戦争が起きた事例集】

●第二次エチオピア戦争

●ポーランド侵攻

●独ソ戦

以上の戦争では、
正式な宣戦布告は行われないまま、
戦争に至った。

第二次世界大戦では、
多くの国家間で宣戦布告が
行われている。

この時期にナチス・ドイツは
ほとんどの戦線が、
宣戦布告なしに開戦を行っている。

ややこしくて、わかりにくい場合は、

ナチスに関しては、
次のように覚えると忘れにくいです!

「宣戦布告、なしッス!」

「ナシス」

「ナチス、宣戦布告なし!」

と覚えると、ナチスに関しては
覚えられます。

……………………………………

ボクが書いた関連記事

特に、一般的に報道されない
国際法の弱点について、
わかりやすく解説しています。

きっと参考になることが見つかると思います。

気になる方がいたら
ぜひお読み頂ければ…と思います。

国際法 戦時国際法 
わかりやすい基本情報!
弱点も徹底解明!サラート永山
コチラ
をクリックでページが開きます!
ギャラリー
  • ボディスキャナーとは…わかりやすい解説&リアル画像!欠点も解明!
  • ボディスキャナーとは…わかりやすい解説&リアル画像!欠点も解明!
  • 諜報活動 わかりやすい解説…オシント、シギントetc. サラート永山
  • 中国が建設の南シナ海 人工島…わかりやすい「基本情報」サラート永山
  • 中国が建設の南シナ海 人工島…わかりやすい「基本情報」サラート永山